【特許】NFTチケットを使用した入場管理システムの特許出願のお知らせ

ライバーハウス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 清水國明)は、NFTチケットを使用した入場管理システムの特許出願を行いましたのでお知らせいたします。

NFTとは?

NFT(Non-Fungible Token)とは、デジタルのデータ(写真や音楽など)のすぐにデジタルでコピーできてしまうものを、ブロックチェーンの技術を使って偽造・コピーをできない唯一無二の存在にする技術です。

チケットをNFTにするメリット

1.転売したときに、アーティスト・イベント主催者にも報酬が入る
人気のコンサート・ライブのチケットは、転売業者によって買い占められ、本当に欲しい方が手に入れることができなくなるという問題がありました。また、転売によって利益を得るのは転売業者であり、ライブをしているアーティストには利益が入りません。NFTチケットにすることで、転売された時でもアーティスト・イベント主催者に収益が入ります。

2.ユーザー同士で転売が可能
ライブチケットの高額転売を防止するために、ユーザーのチケット転売を禁止していることもあります。
ライブに急遽行けなくなってしまった場合も、すぐに転売することができます。

3.郵送の必要がない
NFTチケットはデジタルのチケットなので、郵送の必要がありません。
住所などの個人情報を企業に渡す必要もないので、セキュリティ的にも安全です。

4.ライブ後もチケットを残しておける
NFTチケットは、デジタルデータなので劣化がなく永久に残しておくことが可能です。
伝説のライブのチケットを思い出として永久に残しておくことができます。
また、そのNFTチケットを持っている人たちだけで、クローズドなコミュニティを作ったり、限定のイベントやチケットのプレセールに参加したりすることも可能です。

NFTチケットを使った入場管理システムについて

NFTは、ウォレットと呼ばれるデジタル上の自分の資産(暗号資産やNFT)を管理することができるお財布のようなものが必要になります。ウォレットには、ウォレットアドレスという、銀行でいう口座番号のようなものがあります。NFTとこのウォレットアドレスがあれば、NFTを所有しているということがわかりますが、実際のコンサート・ライブ会場でウォレットアドレスによるチケットの確認は、非常に手間がかかるので現実的ではありません。
そこで、弊社はQRコードを使った入場管理システム(アプリ)により、NFTチケットを所有していることが瞬時にわかるシステムを開発しました。ブロックチェーンに詳しくないユーザーでも、このシステムを使って、NFTの購入から会場への入場が簡単にできます。

LIVER HOUSE(ライバーハウス)アプリについて

弊社は、2022年夏にライブ配信、ライブコマースアプリをリリースする予定です。このアプリでは、ライブ配信が視聴できるだけでなく、その場で商品の購入ができます。
また、ログインと同時にウォレットを作成できる仕組みを使っているので、ブロックチェーンや暗号資産・NFTを全く知らないユーザーでも、簡単にNFTチケットを購入し、入場できるように開発を進めています。(NFTチケットシステムの導入は2022年冬を予定)

『ライバーハウス祭り NFT – Non-Fungible Tomodachi – 清水国明 友だち再確認ライブ』開催のお知らせ

2018年に行われた「清水国明の友だち確認ライブ」の第2弾、「ライバーハウス祭り NFT – Non-Fungible Tomodachi – 清水国明 友だち再確認ライブ」の開催を決定しました。

清水国明からのご挨拶​

このライブは清水国明の友だちを、確認するために行います。
来てくれた人は友だち。来なかったらもう友だちをやめてしまうという、断捨離イベントなんです。再確認としたのは、実は前回行った確認ライブのとき、清水アキラやブラザーコーン、実業界からは澤田秀雄さんやジェームスが来てくれたというのに、なんと結局、相棒の原田伸郎が来てくれなかったのです。もう解散かとも考えてましたが、世の中不思議なことが起こるもので、今「あのねのね」の「ネコニャンニャンニャン」がTikTokで1億視聴回数を越えるという大バズリ。この機を逃すまいと、当時大人気完売した「ネコニャンキャップ」をライブで即売しようと復刻再生産したのです。しかし、情け無いことに、この歌のオチ「ガーガーガー」の声は原田伸郎しか出せないのです。歌うには原田に来てもらうしかない、とプライド捨てて再確認ライブを開催することにしたのです。NFTでライブチケットを販売します。Non-Fungible Tokenは非代替性トークンですが、今回はNon-Fungible Tomodachi。唯一無二の友だちであることを証明する65枚限定チケットです。どうか!

公演情報

【公 演 名】ライバーハウス祭り NFT – Non-Fungible Tomodachi – 清水国明 友だち再確認ライブ
【開 催 日 時】2022年6月12日(日) 18:00 OPEN
【会 場】Back in Town  レストラン&ライブハウス  (東京都新宿区住吉町3-2 第2山田ビルB1)
【出 演】清水国明、佐久間順平、竹田裕美子、河野俊二、竹田弘樹 and more
【主 催】ライバーハウス株式会社
【協 力】国明会
【チケット販売サイト】https://liverhouse.jp/products/nft-ticket-kuniaki-live
※本日(4/29)からチケット販売開始。

FMヨコハマ深夜帯新番組「ライバーハウス presents 真夜中無人島」冠提供のお知らせ

ライバーハウス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 清水國明)は、FMヨコハマ(84.7MHz)で4月6日からスタートする新番組「ライバーハウス presents 真夜中無人島」を冠提供します。
出演は、タレントの清水国明氏と、元文化放送アナウンサーのバンブー竹内氏。

人生(余生)を謳歌している60代と70代のオヤジ二人が、古き良き時代を懐かしむだけでなく、Youtube、ライブコマース、仮想通貨、ブロックチェーン、NFT、5Gなどの、巷で話題の情報を取り上げ、リスナーとともに学んでいく番組です。

もちろん、アウトドアの達人である清水国明によるキャンプ情報などにもご期待ください。

番組概要

 ◆番組名  『ライバーハウス presents 真夜中無人島』

 ◆放送局  エフエム横浜 84.7 MHz

 ◆放送時間 毎週水曜日 25:00~25:30 30分番組

 ◆メッセージの受付 mayomuji@fmyokohama.jp

ライバーハウス株式会社とは

“LIVER HOUSE”は、新しいコンセプトのライブ配信、インターネット生配信TVです。
そこでは愉快で才能あふれる人たちが、仲良く共に暮らしています。ある人は歌い、踊り、語り、またある人は絵を描き、書をしたためています。その模様を生配信で世界へ発信することで、彼ら”ライバー”達のパフォーマンスに共感、共鳴した人たちからの投げ銭「ギフト」が飛んできます。

そのギフトによってライバーは収益を得て、さらにデジタルコンテンツや物品、作品を紹介して販売することもできます。これが”LIVER HOUSE”の主なコンセプトです。

【ライバーハウス 会社概要】
 https://liverhouse-xwin.com/
【ライバーハウスTV】
 https://www.youtube.com/c/LIVERHOUSETV
【ライバーとして出演希望者はこちら】
 https://liverhouse-xwin.com/liver_regist_2110/
【ライバーハウス公式ショップ(商品の購入)】
 https://liverhouse.jp/
【ライバーハウス公式ツイッター】
 https://twitter.com/xWIN_LIVERHOUSE
【ライバーハウス鴨川キャンプ場】
 https://www.liverhouse-camp.com/

山口県 無人島キャンプ場 「ありが島」

ライバーハウス株式会社、NoCode Japan株式会社と業務提携 ノーコード開発プラットフォーム「Click」を使ったライブ配信アプリ制作プロジェクトを開始

ライバーハウス株式会社は、NoCode Japan株式会社との業務提携により、ノーコード開発を起点としたライブ配信アプリ制作プロジェクトを開始します。ライバーハウス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 清水國明)とNoCode Japan株式会社(東京都足立区、代表取締役社長 中川賢史郎)は、ノーコード開発プラットフォーム「Click」によるライブ配信アプリ制作プロジェクトのため、業務提携契約を締結したことを発表します。

LIVER HOUSE(ライバーハウス)とは

”LIVER HOUSE”は、新しいコンセプトのライブ配信、インターネット生配信TVです。そこでは、愉快で才能あふれる人たちが、仲良く共に暮らしています。ある人は歌い、踊り、語り、またある人は絵を描き、書をしたためています。その模様を生配信で世界へ発信することで、彼ら”ライバー”達のパフォーマンスに共感、共鳴した人たちからの投げ銭、「ギフト」が飛んできます。

そのギフトによってライバーは収益を得て、さらにグッズなどの「モノ」やサービスなどの「コト」を紹介して販売することもできます。これが”LIVER HOUSE”の主なコンセプトです。

将来的にはブロックチェーンを活用し、暗号資産の投げ銭とNFTプラットフォームとの連携も実現します。

LIVER HOUSE(ライバーハウス)の代表 清水國明の想い

この”LIVER HOUSE”のリリースについて、代表の清水國明は「長引くコロナ禍で、エンターテイメントの世界もご多分にもれず、深刻な苦境に立たされています。”密”を避けるという縛りは、不特定多数を集客することで成り立っているこの業界の根幹を揺るがす未曽有の逆風といえます。

そんな中、それぞれが出来得る限りの工夫を重ねて生活を支えてはきましたが、もはや誰もが限界となっています。そこで人を集めることなく、自らの才能、特技、芸の披露によって正当な対価を得ることができる、そんな環境を早急に整える必要がありました。」という想いを述べています。

このような想いから”LIVER HOUSE”が誕生しました。

ノーコード開発プラットフォーム「Click」


NoCode Japan株式会社がリリースしているノーコード開発プラットフォーム「Click」は、「誰でも簡単に自分のアイディアをアプリケーションとして形にできる」をコンセプトとしたプラットフォームであり、プログラミングの知識がなくても、直感的な操作をもとに、簡単にアプリケーションを開発することができます。

今回の業務提携により、「Click」を使ったライブ配信アプリの開発を行います。

Clickのサービスサイト
https://click.dev/

ブロックチェーンを活用した“日本初のライブ配信プラットフォーム”「LIVER HOUSE(ライバーハウス)」を提供開始

「ブロックチェーン技術を基盤としたxWINプラットフォームを通して、世界中の人々を幸せにする」というミッョンを掲げるxWINグループ※(代表 荒澤文寛)は、LIVER HOUSE株式会社(所在地:東京都千代田区 代表取締役社長:清水國明)と提携し、今までにない新しいライブ配信プラットフォーム「LIVER HOUSE(ライバーハウス)」を10月15日(金)に提供開始いたします。
提供開始に伴い、同日18時より「LIVER HOUSEのオープニングイベント」を開催いたします。

※xWINグループは、xWIN株式会社(日本)、xWIN Technology(マレーシア)、 xWIN Asset Management(シンガポール)、xWIN Academy(マリ共和国)、xWIN Communityとして、世界各国で事業展開しています。

【 LIVER HOUSE(ライバーハウス)とは 】
”LIVER HOUSE”は、新しいコンセプトのライブ配信、インターネット生配信TVです。そこでは、愉快で才能あふれる人たちが、仲良く共に暮らしています。ある人は歌い、踊り、語り、またある人は絵を描き、書をしたためています。その模様を生配信で世界へ発信することで、彼ら”ライバー”達のパフォーマンスに共感、共鳴した人たちからの投げ銭、「ギフト」が飛んできます。

そのギフトによってライバーは収益を得て、さらにデジタルコンテンツや物品、作品を紹介して販売することもできます。これが”LIVER HOUSE”の主なコンセプトです。

将来的には、独自のプラットフォームを開発し、ブロックチェーンを活用して、暗号資産の投げ銭とNFTプラットフォームとの連携も実現します。

【 LIVER HOUSE(ライバーハウス)の代表 清水國明の想い 】
この”LIVER HOUSE”のリリースについて、代表の清水國明は「長引くコロナ禍で、エンターテイメントの世界もご多分にもれず、深刻な苦境に立たされています。”密”を避けるという縛りは、不特定多数を集客することで成り立っているこの業界の根幹を揺るがす未曽有の逆風といえます。

そんな中、それぞれが出来得る限りの工夫を重ねて生活を支えてはきましたが、もはや誰もが限界となっています。そこで人を集めることなく、自らの才能、特技、芸の披露によって正当な対価を得ることができる、そんな環境を早急に整える必要がありました。」という想いを述べています。

このような想いから”LIVER HOUSE”が誕生しました。

【 オープニングイベントの開催について 】
ライブ配信プラットフォーム”LIVER HOUSE”のリリースを皆様にお知らせする事を目的として、来月10月15日(金)にオープニングイベントを開催することを決定いたしました。
当日は、赤坂のテレビ収録スタジオから、”LIVER HOUSE”の第一回生配信を行います。
歌手、タレント、パフォーマーが順次、思い思いのプレゼンテーションを展開、歌あり踊りあり、油絵の即興製作、書の販売、そして双方向フリートークを繰り広げます。
完璧な機材とスタッフによって、高いクオリティーで配信することができる”LIVER HOUSE”の取り組みは、まさに困窮しているエンターテインメントの世界を元気に蘇らせる、起死回生のプロジェクトになると確信しています。
この”LIVER HOUSE”のリリースにより、「人を集めることなく、自らの才能、特技、芸の披露によって正当な対価を得ることができる、そんな環境を早急に整える」プラットフォームを設立し、エンターテイメントの世界を盛り上げ、コロナに打ち勝ち、皆様を元気にすることを目指します。

◆オープニングイベント実施概要◆

【出演ライバーについて】
・あのねのね(清水・原田)

清水国明と原田伸郎のフォーク・デュオ。1973年3月「赤とんぼの唄」であのねのねとして歌手デビューし、日本有線大賞大衆賞受賞。現在はそれぞれタレントとしても活躍中。

・Bro.KORN

1983年、ブラザー・トムとバブルガム・ブラザーズを結成。 「WON’T BE LONG」が大ヒットし、第42回NHK紅白歌合戦にも出場。ソロとしても、映画、ドラマなどで活動中。

・清水アキラ

1978年、テレビ出演で芸能界デビュー。テレビ番組の企画で生まれたグループ“ザ・ハンダース”のメンバーとして活動し、「想い出の渚」などのヒット曲をリリース。解散後はソロに転向し、ものまねタレントとして数々のテレビ・ラジオで活躍中。

・嘉門タツオ

1983年『ヤンキーの兄ちゃんの歌』でレコードデビュー。
『小市民』『鼻から牛乳』『替え唄メドレーシリーズ』などがヒットし、1992年NHK紅白歌合戦出場。現在もライブツアー、テレビ、ラジオ、執筆活動などで活躍中。

【 会社概要 】
xWINグループ【xWIN株式会社(日本)、xWIN Technology(マレーシア)、 xWIN Asset Management(シンガポール)、xWIN Academy(マリ共和国)、xWIN Community  代表 荒澤文寛】
「ブロックチェーン技術を基盤としたxWINプラットフォームを通して、世界中の人々を幸せにする」をミッションに、AI、フィンテック、アセットマネジメント、教育を提供しています。

【 運営会社概要 】

会社名:LIVER HOUSE株式会社
所在地:東京都千代田区神田駿河台3丁目1−8 9292ビル 4F
代表者:代表取締役社長 清水 國明
設立:2021年10月
事業内容:ライブ配信、ライブコマースプラットフォームの提供、ライバー育成