配信契約

配 信 契 約

本契約は、ライバーハウス株式会社(以下「当社」といいます。)と配信者との間に適用される契約関係を定めるものです。

第1節 総則
第1条(定義)
本契約に使用する用語は、本契約において特別の定めのない限り、別紙1「定義規程」記載のとおりとします。

第2条(効力)
1 Googleフォームまたは専用アプリの登録を通じた配信者の申込み及びこれに対する当社の承諾をもって、当社と配信者との間で本契約が成立するものとします。
2 配信者と当社が当社所定の方法をもって明示的に本契約の内容を排除又は変更しない限り、本契約は、当社と配信者に対して効力を有し、当社と配信者の契約関係を規律するものとします。但し、本契約に特別の定めがある場合には、この限りではありません。
3 当社は、当社が配信者に対して合理的に要求した書面につき、これを配信者が当社所定の方式にしたがって当社が定める期限までに提出しない限り、本契約に定めるいかなる義務(時間報酬及び成果報酬を含む当社が配信者に対して負担する一切の支払義務を含む。)も負わないものとします。

第2節 配信方法
第3条(規範)
1 配信者は、LIVER HOUSEが配信者と視聴者の相互交流を重視することを十分に理解し、視聴者と積極的に交流を図るものとします。
2 配信者は、配信を行うにあたり、Facebook、Instagram、twitter等のSNSアカウントで、配信を行うことを予告するなどし、自らの配信の視聴者獲得に努めるものとします。
3 配信者は、LIVER HOUSEにて配信するにあたっては、関係諸法令(法律、施行令、施行規則、ガイドラインを含むがこれに限らない。)を遵守するほか、LIVER HOUSE利用規約を遵守するものとします。
4 配信者は、前3項に定める場合のほか、当社所定の注意事項(口頭によるものも含む。)、当社がLIVER HOUSEの健全性を維持するために特に要求した事項(当社又は当社指定の第三者による研修又は個別説明で行われたもの、口頭によるものを含む。)その他
本契約の一切を遵守して配信するものとします。

第3節 配信条件
第4条(配信種類)
配信者が本契約の締結に際して【配信の種類】を選択した場合、配信者は、選択した配信の種類以外の配信を行わないものとします。

第5条(連絡方法)
配信者が本契約締結に際してエージェンシーがいる旨を記載した場合、配信者は、当社が事前に承諾をした場合及び本契約上明示的に、当社に対して行うべき通知又は連絡等の義務の名宛人が「配信者」となっている通知を行う場合を除き、当該エージェンシーを通じてのみ、当社に連絡等を行うことができるものとします。なお、本条の定めは、当社が当社指定の催事又はイベント等を円滑に実施するためその他当社が必要と認める場合に配信者に対して連絡を行い、又は、本契約に違反したおそれがある場合に配信者に対して警告することを妨げるものではないものとします。

第6条(配信時間)
1 配信者が18歳未満の場合は、配信者は、夜10時以降翌朝5時までの間、配信を行ってはならないものとします。
2 配信者は、満15歳に達した日以後の最初の3月31日を経過していない場合、関係諸法令の定める手続を実施しない限り、配信してはならないものとします。
3 前2項に定めるほか、配信者は、自身に適用される法令(条例、規則、政令、ガイドラインを含むがこれに限りません。)を遵守し、当該法令が要求する手続を行い、当該法令が認める範囲でのみ、LIVER HOUSEにて配信するものとします。
4 配信者は、当社の求めがある場合、前3項の遵守状況を示す書面を提出するものとします。

第7条(配信内容)
配信者は,以下の各号に定める内容については配信することができないものとします。
①虚偽(合理的な資料に基づかない場合を含む。)又は歪曲された事実を公表するもの。
②卑猥な表現又はわいせつな行為を含む情報並びに第三者の承諾を得ることなく第三者の容貌又は肢体等を撮影したもの(盗撮等)
③社会通念上相当の範囲を超えて、交際を求め、若しくはこれに応じ、又は交際に関する情報を媒介する行為。
④特定個人又は特定団体に対して差別、偏見、憎悪、嫌がらせ又は権利侵害となりまたはこれらを助長する行為。
⑤過度に政治的内容を含み、若しくは、特定の政治的信条の発信のみを目的とするもの(テロリストの活動を助長する場合を含む。)。
⑥暴力的又は残虐な表現を含む情報(自傷行為を含む。)
⑦当社を含む第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権(著作権法27条及び28条に定める者を含む。)を含む。)、肖像権、プライバシー権、パブリシティー権、名誉権、信用その他の権利又は正当な利益を侵害する情報
⑧コンピューター・ウイルスその他有害なコンピュータ・プログラムを含む情報( 当社サービスのバグ、誤作動等を利用するもの及びネットワークセキュリティに危害を与えるものを含む。)
⑨当社を含む第三者の個人情報、営業情報、私生活にかかわる情報(住所、電話番号、メールアドレス、ID、パスワード、アカウント情報を含む。)を漏えいするもの又は入手使用するもの。
⑩当社の承諾を得ることなく行う売買、オークション、金銭の支払要求並びに、 特定の商品又はサービスの広告、宣伝を目的とした情報公開、その他勧誘を目的とする行為。
⑪当社が承諾した範囲又は方法を超えて配信者を特定できない形で配信するもの並びに第三者になりすまして行う配信。
本契約に反する情報。
⑫個人の生活上の平穏を害する情報(当社を含む他人を侮辱し、威嚇し、又は脅威を与えるもの並びに当社を含む第三者に対して金銭的な要求をする場合を含む。を含む。)。
⑬法令に違反する行為又は犯罪行為し、若しくは犯罪行為を助長に関連する行為
⑭国家又は社会の秩序を乱す内容や、その安定性を破壊するような内容。
⑮公序良俗又は社会規範に反する情報。
⑯前各号に定める情報に関連するサイトのリンクの貼付その他ソフトウェア等を入手するための情報提供(広告メール、チェーンメールを含む。)。
⑰前各号に準じる行為。
⑱前各号に定める情報の発信を助長するもの。
⑲当社が相当と認めない情報。

第8条(違反措置)
配信者が本契約に違反した場合、当社は、自由な裁量によって、配信者に対する配信対価を過去に遡って及び将来に向かって支払わないことができるものとし、また、配信者の配信を停止し、又は、配信条件を、配信者に対する補償なく任意に変更することができるものとします。

第9条(配信者の通知義務)
1 配信者は、本契約手結に際して配信者が当社に通知した事項の内容に変更が生じたときは、その旨を速やかに当社に通知するとともに、当社所定の方式により、変更後の内容が記載された書面等を提出しなくてはなりません。
2 配信者が前項の通知を怠った場合、当社はこれに起因する一切の事項(配信対価の支払遅延を含む。)から免責されるものとします。
3 配信者は、自らが行う配信に影響を生じる恐れのある事態(配信に用いる機器やネットワークの障害、第三者による配信の妨害の可能性等)が起きた場合、速やかに、当社に対して連絡を行うものとし、当社の指示に従って対応するものとします。

第4節 支払方法
第10条(支払方法)
当社は、別途定める報酬規程に基づく配信対価を、配信が行われた月(以下「配信月」という。)の月末締めにて、配信月の翌月末日限り、配信者が指定し、当社が承認する方法により支払うものとします。振込手数料は配信者の負担とします。なお,当社は自らの合理的かつ自由な裁量に基づき報酬規程を変更することができ,その場合当社は変更後の報酬規程の内容及び変更後の報酬規程の効力発生日その他の事項を、配信者に対して書面又は電磁的方法によって告知するものとし、効力発生日後の配信対価は、変更後の報酬規程に従って計算されるものとします。

第11条(免責及び支払留保等)
1 当社の故意又は重大な過失による場合を除き、配信の全部又は一部が不能となった場合その他LIVER HOUSEサービスの利用に関連して配信者に損害が発生した場合であっても、当社は配信者に対して一切の責任を負わないものとします。
2 当社は、本契約の定めに基づいて配信者に対して支払うべき金員がある場合のほか、LIVER HOUSEサービスの利用に関連して当社が配信者に対して支払うべき金員がある場合、支払金額(源泉徴収その他の控除が行われる場合には、当該控除後の金額を指します。)が1万円に達するまでは、支払いを留保することができるものとします。
3 当社は、配信対価について支払いを行うべき第三者がいる場合においてその第三者が支払いを行わない場合、又は、配信対価の取得過程に不正行為があった場合(クレジットカードの盗難、無断利用又は暗証番号の不正取得があった場合を含む。)、当社に故意又は重大な過失がある場合を除き、配信対価の算定にあたって第三者から支払われるべき金額を控除して計算できるものとします。また、配信者は、本項の定めによって精算が必要になった場合、当社の求めに応じて、必要な精算(エージェンシーとの間の精算を含む。)に協力するものとします。
4 当社は、当社が配信者指定の方法によって支払いを行った場合、当該支払いが弁済受領権限を有しない者に対する場合(口座情報の誤り等を含む。)であっても、配信者に対する支払義務を免れるものとします。
5 当社は、配信者が本契約に違反している場合、当該違反状態が解消されたと当社が認めるまでの間、配信者に対して本契約上行うべき支払いを留保できるものとします。

第12条(支払後手続)
当社と配信者は、公租公課の支払手続等(配信者の行う税務申告を含むがこれに限らない。)に関しては、自らの責任と負担で実施するものとします。ただし、当社が法定調書の提出を含め、配信者の行う配信に関連して法定の手続きを行う場合、配信者はこれに協力するものとします。
第5節 配信準備等
第13条(配信環境)
1 配信者は、自らが表現したいと望むコンテンツを配信するために必要となる一切の環境整備を、自らの責任及び負担において実施するものとします。
2 配信者は、配信開始日までに、LIVER HOUSE利用規約を熟読するものとし、不明点がある場合、当社まで質問を行うものとします。配信者が配信を開始することによって、配信者は、LIVER HOUSE利用規約のすべてに同意したものとみなされます。
3 配信者は、配信開始日までに、UserIDを取得するほか、当社がLIVER HOUSEを健全かつ円滑に行うために必要とする環境整備及び情報提供を行うものとします。

第14条(研修等)
1 配信者は、配信開始日前までに、当社が実施する配信内容及び配信方法等についての研修又は個別説明を受講しなくてはならないものとします。
2 配信者は、配信開始後においても、当社が実施する研修又は個別説明の参加を求められた場合、これに参加するものとします。

第6節 一般条項
第15条(表明保証)
1 配信者は、当社に対し、配信者のLIVER HOUSEにおける配信(プロフィール画像及び背景映像並びに配信時にバックグラウンドミュージック(BGM)として利用する楽曲の利用を含む。)及び配信者が本契約に基づいて当社に付与した権限が、第三者の知的財産権、肖像権、その他いかなる権利も侵害又は当該権利と抵触しないことを表明し、保証します。当該第三者からクレーム、苦情、異議申立て等がなされた場合、配信者は、自己の責任と費用負担をもって解決し、当社に損害が生じた場合はその全額を賠償する責任を負うものとします。
2 配信者が当社に対して告知した情報はすべて真実であり、事実に基づくものであることを表明し、保証します。
3 配信者は当社からの求めがある場合、配信者が表明した事項が事実である旨を証する書面その他の証憑を提出するものとします。

第16条(知的財産権等)
1 LIVER HOUSE上にアップロードされた投稿、写真、画像、動画、配信内容、その他の一切の情報又はコンテンツ(以下「本件投稿等」と総称します。)にかかる知的財産権は、権利の発生と同時に、地域、期間の制限なく、無償で当社に帰属するものとします。配信者は、当社及び当社の指定する第三者に対して、本件配信の結果、本件投稿等の創作に寄与した場合であっても、プライバシー権、パブリシティ権、著作者人格権の行使を含め、何らの異議も申し立てないものとします。
2 前項の定めにかかわらず、配信前に作成されたキャラクターのイラスト及び当該イラストをトラッキングするためのシステム(以下「本件イラスト等」といいます。)にかかる知的財産権がある場合、当該権利は、配信者又は当該権利を保有する第三者に留保されるものとします。
3 配信者は、自ら又は第三者をして、当社及び当社の指定する第三者に対して、配信者の氏名、芸名、商標、ロゴ及び本件イラスト等を無償で、配信者又は当社の宣伝広告等を目的として、LIVER HOUSE又はそれ以外のメディア(当社が運営するFacebook、Instagram、twitter等のアカウント、公共施設の大型スクリーン及び駅構内における電子広告掲示板等を含むが、これらに限りません。)において利用(改変した上で利用することを含む。)することを本契約をもって予め認め、かつ、自ら又は第三者をして、当社及び当社の指定する第三者に対して、当該利用につき、プライバシー権、パブリシティ権、著作者人格権の行使を含め、何らの異議も申し立てないものとします。
4 前3項に定める場合のほか、当社又は当社指定の第三者は、自らの合理的裁量に基づいて、本件投稿等を用いて、イベント、実演活動、創作活動、広報活動、社内資料の作成を行うことができ、これらの活動によって知的財産権が発生する場合、当該権利は、その発生と同時に当社又は当社指定の第三者に帰属します。配信者は、当社又は当社指定の第三者が本項の定めに基づく本件投稿等の利用、及び、これらの活動により発生する知的財産権の帰属について、当社又は当社指定の第三者に対し、プライバシー権、パブリシティ権、著作者人格権の行使を含め、何らの異議も申し立てないものとします。
5 配信者は、当社の書面による承諾を事前に得ることなく、当社の商号、当社が権利を有するイラスト又はLIVER HOUSEのサービス名称及びその内容に関連して、次の各号のいずれかに該当する行為を行ってはならず、また、次の各号のいずれかに関連してこれらにかかる情報を発信しないものとします。配信者は次の各号に該当し当社の承諾を必要とする場合、当社が求める情報を当社に書面で伝えるものとし、当社は、合理的範囲において、誠意をもって、協議に応じるものとします。
⑴ テレビ・ラジオ番組等のメディア出演
⑵ イベント、催事、舞台等における実演活動
⑶ 新聞、雑誌その他報道機関等による取材対応
6 配信者は、本契約に基づき、配信者の氏名、芸名、商標、ロゴ、本件投稿等及び本件イラスト等について当社又は当社指定の第三者が権利を保有し、若しくは、利用権限を有する場合、当社の求めに応じて、これらの権限があることを示す書面の提出を行うものとします。

第17条(社会保険等)
配信者は、当社の労務管理に服せず、自らの責任及び負担で、社会保険、任意保険その他の加入手続を行うものとします。

第18条(権利義務等の譲渡禁止)
配信者は、事前に当社の書面による承諾を得た場合を除き、本契約上の地位及び本契約から生ずる権利義務の全部又は一部を、第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供してはならないものとします。なお、LIVER HOUSEの事業主体又は管理主体を変更する場合、当社は配信者の承諾を得ることなく、当該変更に必要となる一切の措置を講じることができるものとします。

第19条(再委託の禁止)
1 配信者は、当社の書面(電子メールを含む。)による承諾を得た場合に限り、配信の一部を第三者に委託し、又は、第三者を配信に参加させることができるものとします。
2 前項の定めに基づいて配信の一部を第三者に委託し、又は、第三者を配信に参加させる場合、配信者は、当該第三者に対し、本契約に定める配信者の義務と同等以上の義務を課すものとします。配信者は、万が一、当該第三者が本契約の定めに違反した場合、当社からの承諾の有無と関係なく、当社に対して、当該第三者と連帯して、責任を負うものとします。

第20条(停止等)
1 当社は、下記に定める事由が生じた場合、配信者に対する何らの補償なく、LIVER HOUSEの全部又は一部を停止又は中止し、配信者に対し、配信の全部又は一部の停止又は中止を求めることができるものとします。
(1) LIVER HOUSEを運営又は管理するために必要となる保守点検を行う場合
(2) 当社以外の第三者の行為又は第三者に生じた事由等によってLIVER HOUSEの全部又は一部を停止又は中止せざるを得なくなったと
当社が判断した場合
(3) 前2号に定めるほか、当社が経営上の判断により、LIVER HOUSEサービスの中止を必要とした場合
2 当社は、当社が制御できない不可抗力事由(天災地変、政府又は政府機関の行為、火災、嵐、洪水、地震、インターネット通信の不良、ハッカーによるサイバー攻撃等、戦争(宣戦布告の有無を問わない)、反乱、革命、暴動、下請業者からの供給の遅延又は不履行、ストライキを含む。)が発生した場合、配信者に対する何らの補償なく、配信の全部又は一部を停止又は中止することができるものとします。

第21条(解除)
当社は、本契約の有効期間内にかかわらず、配信者が約定された方式で本契約を履行しない場合、配信者に対する催告を要することなく、ただちに、配信者に対する何らの補償なく、本契約を解除により終了することができるものとします。

第22条(解除及び期限の利益喪失)
1 当社は、配信者が次の各号の一に該当した場合、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
(1) 手形、小切手の不渡り処分を受け、又は手形交換所の取引停止処分を受けたとき
(2) 差押え、仮差押え、仮処分若しくは競売の申立て、又は公租公課の滞納処分を受けたとき
(3) 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始の申立てがあったとき
(4) 営業の廃止、又は合併によらず解散したとき
(5) 3ヶ月間以上、連絡が取れないとき(当社のみ解除できるものとします。)
(6) 資産又は信用状態に重大な変化が生じ、本契約に定められた債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき
(7) 社会的信用及び評判を害する行為(スキャンダルの原因となり得る行為を含むがこれに限りません。)を行ったとき
(8) その他、前各号に準じる事由が生じたとき
2 前項及び前条の規定は、当社の配信者に対する損害賠償の請求を妨げないものとします。

第23条(損害賠償)
1 当社は、配信者の責に帰すべき事由により損害を被った場合、本契約の定めるところにしたがい、配信者に対し、損害の賠償(合理的な範囲の弁護士費用を含む。)を請求できるものとします。
2 配信者は、自らの責めに帰すべき事由により第三者に損害を与えた場合、自らの責任及び負担で解決するものとします。配信者は、当社(当社については、当社の関連会社を含む。以下本項において同じ。)に対し、何らの負担も求めないこととし、当社に損害(合理的な範囲の弁護士費用を含む。)を生じさせた場合、これを賠償するものとします。
3 配信者は、本契約のいずれかに違反した場合、当社の定めるところに従い、損害回復のために必要な措置(当社の知的財産権、名誉権を侵害した場合における当該侵害の原因となった記事、投稿等の抹消を含む。)を、自らの責任及び負担で、講じるものとします。

第24条(秘密保持)
1 本契約における秘密情報とは、本契約の存在及び内容、並びに当社から配信者に対して本契約の有効期間中に開示された情報の一切をいうものとします。ただし、以下の各号の一つ以上に該当することを配信者が証明しうる情報は秘密情報にあたらないものとします。
(1) 開示の時点で公知又は既に配信者が保有していた情報
(2) 開示後に配信者の責に帰すべき事由によらずに公知となった情報
(3) 開示された情報によらず、配信者が自ら独自に創出した情報
(4) 配信者が守秘義務を負うことなく第三者から適法に入手した情報
2 配信者は、当社から開示された秘密情報を、善良な管理者の注意をもって、秘密として管理し、当社の書面による事前の承諾なしに、本契約の履行のために知る必要のある自己及び本契約に基づき当社が書面で承諾した配信に参加する第三者、再委託先の役員、従業員及び弁護士又は税理士等の専門家以外の第三者に開示してはならず、また、本契約の履行に必要な範囲を超えて複製及び使用してはならないものとします。ただし、配信者は、裁判所の命令その他公的機関による法令に基づく開示の要求がある場合には、当該要求に応じて秘密情報を開示することができるものとしますが、この場合、配信者は速やかに当社に書面で通知し、当社に対して異議申立等の機会を与えるものとします。
3 配信者は、秘密情報を前2項に基づき第三者に開示する場合、当該第三者に対し、本契約における自己の義務と同等の義務を負わせるものとし、かつ、当該第三者による秘密情報の取扱について一切の責任を負うものとします。
4 本条に定める配信者の義務は、各秘密情報につきその受領から3年間存続するものとします。但し、情報の管理期間につき、法令に別段の定めがある場合、当該法令に従うものとします。

第25条(個人情報の取扱い)
配信者は、配信者が当社に対して提供した情報に個人情報(特定個人情報を含む。以下同じ。)が含まれる場合、当社が、当該個人情報の取得、利用、保管及び廃棄につき、個人情報保護法、番号法その他適用される法律、施行令、施行規則、ガイドラインを遵守し、当社所定のプライバシーポリシーに基づいて、当該個人情報を取り扱うことを承諾します。

第25条(反社会的勢力排除の表明及び保証)
1 当社及び配信者は、自己(自己の役員・従業員を含む。以下同様)が、現在次の各号(以下各号に該当する者を「反社会的勢力」といいます。)のいずれにも該当しないことを表明・保証し、将来においても反社会的勢力のいずれにも該当しないことを確約するものとします。
(1) 暴力団、暴力団員、暴力団準構成員
(2) 暴力団、暴力団員又は暴力団準構成員でなくなった時から5年を経過しない者
(3) 暴力団関係企業
(4) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等
(5) その他前第1号乃至第4号に準ずる団体又は個人
2 当社及び配信者は、自己が、現在前項各号の反社会的勢力又は反社会的勢力と密接な交友関係にある者(以下「反社会的勢力等」といいます。)と次の各号のいずかに該当する関係を有しないことを表明・保証し、将来においてもかかる関係を有しないことを確約するものとします。
(1) 反社会的勢力等によってその経営を支配される関係
(2) 反社会的勢力等がその経営に実質的に関与している関係
(3) 反社会的勢力等に対して資金等を提供し又は便宜を供与するなどの関係
(4) その他反社会的勢力等との社会的に非難されるべき関係
3 当社及び配信者は、自己が次の各号に該当する行為を一切行わないことを確約するものとします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して脅迫的な言動又は暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し又は相手方の業務を妨害する行為
(5) その他前項第1号乃至第4号に準ずる行為
4 配信者は、前3項のいずれかに違反した場合、当社との間で締結している契約に基づいて発生する全ての債務について期限の利益を喪失するものとします。
5 当社は、配信者において第1項乃至第3項各号に反する事情がある場合又はそのおそれが高い場合には、何らの通知・催告を要さず、また、損害賠償責任を負うことなく、直ちに相手方との取引を停止し、本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
6 当社は、配信者が本条の規定に違反したことにより損害を被った場合、前5項に基づく契約解除にかかわらず、当該損害の賠償を配信者に請求することができるものとします。

第26条(有効期間)
1 本契約の有効期間は、別段の合意がない限り定めないこととし,配信者による特段の通知があった場合に限り,当該通知に対する当社の承諾をもって本契約が終了したものとします。
2 前項にかかわらず、本契約中,その性質上存続すべき条項は,本契約の終了後もその効力を有するものとします。

第27条(完全合意)
本契約は、本契約の対象となる事項に関する配信者と当社の合意のすべてであり、電子的方式、口頭、書面を問わず、本契約の対象となる事項に関する本契約締結以前の当社と配信者間における一切の合意、意思表示及び通知に取って代わるものとします。

第28条(合意管轄)
本契約に関して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第29条(準拠法)
本契約の成立、効力、履行及び解釈については、日本法に準拠するものとします。

第30条(協議事項)
本契約に定めのない事項又は本契約の条項の解釈に疑義が生じた場合、当社と配信者は、信義・誠実の原則に従って協議の上、円満な解決を図るものとします。

以 上

定 義 規 程

(1) LIVER HOUSE
LIVER HOUSEとは、当社が管理するサービスソフトウェア及びサービスウェブサイトをいいます。
(2) LIVER HOUSEサービス
LIVER HOUSEを通じて当社が行うオンラインライブ配信、オンライン動画配信、オンラインショッピング等のネットワークサービスその他当社が実施する事業を総称したサービスをいいます。
(3) 配信者
LIVER HOUSEを通じてオンラインライブ配信、オンライン動画配信、オンラインショッピング等を行う者をいいます。
(4) UserID
LIVER HOUSEを利用するために当社所定の方法を用いて取得するIDをいいます。
(5) イベント
当社がLIVER HOUSE上又は当社所定の場所(屋外であるか屋内であるかを問わない。)にて実施される催事等をいいます。
(6) 配信対価
当社が配信者に対して支払う成果報酬(投げ銭及び商品販売利益を含むがこれらに限らない。)の総称をいいます。
(7) 知的財産権
知的財産権とは、特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権(著作権法第27条及び28条を含む。)、著作隣接権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利又は法律上保護される利益に係る権利の一切をいいます。
(8) 本契約
本契約とは、Googleフォームまたは専用アプリの登録を通じた配信者の申込み及びこれに対する当社の承諾を通じて配信者に告知、連絡又は指示した事項、利用規約、その他配信者と当社が合意した事項の総称をいいます。

以 上

報 酬 規 程

【2021年11月01日制定】

1 本報酬規程について
  本報酬規程は、以下に定める各配信対価の具体的内容を記載した書面となります。
  本報酬規程は、本契約締結時における経済事情や手数料等の諸般の事情を前提に作成されたものであり、当社はその裁量により、何らの補償なく、本報酬規程を改定することができます。
  本報酬規程が変更された場合、変更の通知日又は変更する旨の通知に記載された変更日以降、変更された報酬規程が適用されます。

2 投げ銭
  投げ銭とは,配信の種類・方法を問わず,配信者が配信中に視聴者から受ける一切の報酬を含むものとする。
  投げ銭は、配信の種類・方法に応じて発生した手数料を控除した残額を配信者に対して支払うものとする。

3 商品販売利益
  商品販売利益とは,配信者の販売したグッズ・商品・デジタルコンテンツの売却利益一切をい うものとする。ただし,法禁物及び本契約(別紙商品販売規程を含む)で禁止された商品を除く。
  商品販売利益は,商品購入価格(購入者が支払う総額をいうものとする。)に対して下記のとおり個別に定める割合の手数料として控除した残額を配信者に対して支払うものとする。
  配信者に対する送金手数料は配信者が負担する。

種類売上報酬
デジタルコンテンツ50%
物販10%

以 上